冬柴氏「党公認料」を撤回 自己資金と訂正

2月15日22時22分配信 産経新聞

 冬柴鉄三国土交通相は15日の衆院予算委員会で、昨年10月の参院予算委員会で「公認料として報酬の2カ月分を(公明)党に出している」と答弁したことについて、「公認料ということは間違いだったことが後で分かった」と発言を撤回した。民主党の松木謙公氏への答弁。

 冬柴氏は「党の通知に従い、選挙費用の自己資金として届け出ている」と釈明した。冬柴氏は昨年10月、民主党の石井一氏が公明党や支持母体の創価学会への違法献金をただしたのに対し、公認料の存在を認めていた。
[PR]

by deracine69 | 2008-02-15 22:22 | 政治  

<< <同僚女性監禁>容疑のスカイマ... 西麻布のクラブ「イエロー」が6... >>