松島みどり国交副大臣、異例の予算委「出禁」

3月14日19時54分配信 産経新聞

f0013182_2026546.jpg 松島みどり国土交通副大臣は14日の参院予算委員会で、答弁の長さを注意した鴻池祥肇予算委員長の制止を無視したため、鴻池氏から「極めて参院予算委を冒涜(ぼうとく)していると判断し、今後の出入りをお断りしたい」と予算委の出席禁止を言い渡された。参院によると、閣僚含め政府側の出入り禁止は「聞いたことがない」という。

 松島氏は、副大臣就任前に自身のホームページで「暫定税率というまやかしの方法」と撤廃を主張していたことを、民主党の津田弥太郎氏に「大変節だ」と追及された。松島氏は「考えが変わった」と理由を約5分間に渡り説明。穏やかに「答弁を簡潔に」と求めていた鴻池氏だが、制止を振り切る松島氏に堪忍袋の緒が切れたのか、最後は「答弁を打ち切りなさい!」と声を荒らげた。




<参院予算委>松島副国交相を出入り禁止 制止聞かず長演説
3月14日19時55分配信 毎日新聞

 14日の参院予算委員会で、松島みどり副国土交通相(自民)が、答弁で鴻池祥肇(よしただ)委員長(自民)の制止に従わずに長い演説を行い、鴻池氏から予算委への「出入り禁止」を言い渡される一幕があった。閣僚や副大臣への「出入り禁止」は極めて異例。衆参両院の事務局も「聞いたことがない」と話している。

 この日午前の予算委で、松島氏は、自身のホームページ上のコラムで、過去に揮発油(ガソリン)税の暫定税率撤廃を主張していたことを民主党議員に取り上げられた。「変節」と追及され、「考えが変わった。地元の要望に同意したい」などと5分間にわたり猛然と自説を展開。鴻池氏の再三の制止も聞かず、激怒した鴻池氏は「答弁を打ち切りなさい!」と2度絶叫した。

 午後の予算委の冒頭で鴻池氏は、松島氏の答弁について「予算委を冒とくしたと判断し、出入りを断る」と宣言。松島氏は委員会終了後、謝罪のため鴻池氏を待ったが、結局すれ違い。鴻池氏は記者団に「私が委員長の間は委員会室に入れない」と言い切った。【田中成之】
[PR]

by deracine69 | 2008-03-14 19:54 | 政治  

<< 新銀行東京:中小企業向け「無担... 三井住友銀 100億円回収不能... >>