「何とか風が吹き出した」 小泉元首相「解散」予言?

2008年04月07日22時10分

 小泉元首相は7日、横浜市で開かれた自民党神奈川県連のパーティーであいさつし、次期衆院選に触れ、「そろそろ大事な『何とか風』が吹き出したなあという気がする」と述べた。解散という言葉は避けながらも、同党の改革派や若手に影響力のある小泉氏の指摘だけに、波紋を呼びそうだ。

 あいさつで小泉氏は、ねじれ国会について「大きな変化の時代が到来した」。さらに「世の中に生き残るのは必ずしも強い者とは限らない。変化に対応できる者が生き残っていく」と語り、自民党はさらなる改革が必要と訴えた。

 一方、これまで衆院選の先送りを主張してきた同党の古賀誠選挙対策委員長もあいさつで「『年内解散はない』と言い続けてきたが、『もう危ないぞ』ということをそろそろ言わせていただかなければいけない」と小泉氏に歩調を合わせ、党内を引き締める構えを見せた。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-07 22:10 | 政治  

<< 生保の苦情、過去最高に 不払い... 誘拐から半年、中村さん解放へ努力継続 >>