丸川珠代:大塚拓議員と6月結婚へ

2008年4月10日 毎日新聞

 元テレビ朝日アナウンサーで、昨年7月の参院選で初当選した自民党の丸川珠代参院議員(37)が、同党の大塚拓衆院議員(34)と結婚することが9日、分かった。ともに1年生議員で、昨年末ごろから愛をはぐくんできた。6月15日の国会会期末後にもゴールインすることになりそうだ。

 安倍晋三前首相の強い要請を受けて局アナから政界に転身した「安倍チルドレン」の丸川氏と、05年の郵政解散で初当選した「小泉チルドレン」の大塚氏。政界初の“チルドレン夫婦”が誕生する。

 出会いは昨年7月29日投開票の参院選。東京選挙区から出馬した丸川氏の応援に、自民党東京都連に所属する大塚氏が駆け付けたのがきっかけ。丸川氏の当選後も、都連の会合などで顔を合わせていた。

 その後、1年生議員同士で意気投合。丸川氏が薬品メーカー社長と破局が発覚した昨年末ごろから、急接近したようだ。

 大塚氏は老舗シューズメーカー「大塚製靴」の御曹司で、慶応幼稚舎から慶大法学部に進んだ“慶応ボーイ”。大手銀行員、海外留学を経て、05年9月11日の衆院選に比例東京ブロックで出馬、初当選を果たしている。

 単独比例候補のため、一時は次期衆院選に東京5区からの出馬が取りざたされた。しかし、野田聖子元郵政相と岐阜1区で公認争いに敗れた佐藤ゆかり議員が東京5区に鞍替え。大塚氏の処遇はまだ決まっていない。

 今年2月には、丸川氏が住む都内のマンションにほど近いコンビニにいる大塚氏の姿を「週刊文春」がキャッチ。同誌2月28日号の取材に「素晴らしい女性」「心の痛みの分かる方」などと、“スープの冷めない距離での交際”を認めていた。選挙区問題でも丸川氏に相談していたことも明かしている。

 今国会の会期は6月15日まで。ある政界関係者は「ジューンブライドと聞いている」と話しており、閉会後の6月中にもゴールインするようだ。

 ◆大塚 拓(おおつか・たく)1973年(昭48)6月14日、東京都生まれ。慶大法学部卒。93年東京三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。03年退行、渡米。05年ハーバード大学ケネディ行政大学院修士課程修了。趣味はクラリネット演奏。

 ◆丸川 珠代(まるかわ・たまよ)1971年(昭46)1月19日、神戸市生まれ。東大経済学部卒。93年にテレビ朝日入社。アナウンサーとして報道番組からスポーツ中継まで担当。07年5月退社。趣味はスキー、スキューバダイビング。(スポニチ)
[PR]

by deracine69 | 2008-04-10 23:59 | 政治  

<< 政策投資銀行:設立委員を内定…財務省 発疹熱「リケッチア」を帰国者が... >>