首相問責「30日が焦点」=民主・菅氏

4月18日1時0分配信 時事通信

 民主党の菅直人代表代行は17日夜、日本テレビのCS番組に出演し、福田康夫首相に対する問責決議案に関し、「(5月12日以降の)2回目(道路整備費財源特例法改正案)の衆院再議決は、自民党の中の造反が怖いから、ない可能性もあると言われている。(与党が租税特別措置法改正案を)30日に再議決すれば、そこが焦点になる」と述べ、租特法改正案が再可決された段階での提出を検討することを明らかにした。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-18 01:00 | 政治  

<< 善光寺がスタート地点辞退検討 ... 「蛇足判決こそ違憲」 イラク派... >>