子どもの携帯所持、福田首相「ろくなことがない」

2008年04月17日21時19分 朝日新聞

 福田首相は17日、政府の教育再生懇談会で、子どもが携帯電話を持つことについて「ろくなことがない。悪い大人に利用されるだけだ。人間関係にもマイナスだし、教育上も良くない」と、持論を展開した。

 懇談会ではインターネット上の有害サイトの閲覧を制限する対策も議論されており、首相は「子どもを守るということに対し、もっと厳しい対応が大事」と指摘。委員からは「フィルタリング(閲覧制限)を義務化しないと徹底されない」との意見が出た。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-17 21:19 | 政治  

<< <台湾産ニンジン>基準値の2倍... Jパワー株問題:中止勧告は妥当... >>