「史上最低の無責任」参院自民国対幹部が江田議長を批判

2008年04月17日20時14分 朝日新聞

 自民党の脇雅史参院国対筆頭副委員長は17日の記者会見で、江田五月参院議長を「史上最低の無責任議長だ」と痛烈に批判した。道路整備財源特例法改正案の付託先が、税制改正関連法案の審議が滞っている参院財政金融委員会になったことに対し与党が抗議したが、江田氏が取り合わなかったことに不満を示した。

 与党と共産、社民両党は衆院と同じ国土交通委への付託を求めたが、民主党は財金委を主張。20年ぶりに議院運営委の投票で決まった。脇氏は「数の横暴だ。委員会で決まったことをすべて認めるなら議長は子供でもいい」とぶちまけた。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-17 20:14 | 政治  

<< Jパワー株問題:中止勧告は妥当... 蒋介石の「臨時総統府」 産経新... >>