小沢氏、道路法案の大修正要求「首相は信用得られない」

4月20日20時59分配信 産経新聞

 民主党の小沢一郎代表は20日、福井県越前市内で記者会見し、福田康夫首相が道路特定財源を平成21年度から一般財源化すると明言していることに関し「(与党は)道路整備特別措置法案を再議決しようとしている。それでは国民の信用は得られない。特措法を引っ込めるか、今年度限りに大修正するのが当たり前だ」と批判した。

 特措法案は揮発油税を今後10年間、道路整備に充てると定めている。

 小沢氏はまた、「新内閣になれば国民に信任を求めるのが議会政治のルールだ。(安倍晋三前首相、福田首相の)2人とも、選挙せずに(首相の)首のすげ替えをしている」と批判し、早期の衆院解散、総選挙を改めて要求した。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-20 20:59 | 政治  

<< 「ウエア真っ黒」、道デコボコ…... 政府、アフリカのコメ生産倍増支... >>