年内解散の可能性も=「射程距離」と強調-森元首相

2008/04/20-18:05 時事通信

 自民党の森喜朗元首相は20日のテレビ朝日の番組で、衆院解散・総選挙の時期について「(北海道洞爺湖サミットが開催される)7月になれば(来年9月の任期満了まで)あと1年(余り)だ。射程距離に入ったと誰かが言ったが、それは当然のことだ」と述べ、サミット後の年内に行われる可能性に言及した。

 自民党内からは最近、年内解散もあり得るとの発言が相次いでおり、伊吹文明幹事長も19日、奈良県橿原市で行った講演で、衆院選後の政界再編に絡めて「時期を見て解散し、与党で過半数を取れれば、小沢一郎民主党代表のやり方はまずいと思っている(同党の)人がいよいよ行動に移す」と指摘した。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-20 18:05 | 政治  

<< 死刑か回避か 光市母子殺害の差... 別れ話でタイ女性飛び降り、交際... >>