福田首相、李韓国大統領と会談…日韓新時代をアピール

4月21日12時5分配信 読売新聞

 福田首相は21日午前、就任後初めて来日した韓国の李明博(イミョンバク)大統領と首相官邸で会談した。韓国大統領の来日は3年4か月ぶりで、両国首脳の相互訪問(シャトル首脳外交)再開第1弾となった。
 福田首相の今年後半の訪韓や、経済関係の強化で合意、国際貢献での協力方針などを打ち出した「共同プレス発表」で、日韓新時代をアピールする。

 会談冒頭、首相は「最初の外遊先に米国と日本を選んでいただき、日韓関係を重視する大統領の気持ちの表れと感謝している」と歓迎、大統領は「非常に良い効果的な会談になってほしいと思う」と応じた。

 首脳会談では、中国を加えた3国持ち回りによる年1回の定期首脳会談の開催で合意し、第1回を今年中に日本で開くことを確認。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-21 12:05 | 政治  

<< フランス経済界、中国デモの影響懸念 お茶の水女子大付属小 「衛生上... >>