「キャンディーズを見習え」=石破防衛相、省内確執を戒め

2008/04/04-12:06 時事通信

 「みんなが熱狂できた。あの時代をすごく懐かしく思う」。石破茂防衛相は4日午前の記者会見で、3人組のアイドルグループ「キャンディーズ」の解散から30年を迎えたことに関し、防衛省改革を絡めながら感想を熱っぽく語った。

 キャンディーズの大ファンだったという石破氏。「3人は本当に心を一つにしてやっていた」と振り返ると、自らが進める組織改革をめぐって省内の確執が伝えられることに関し「政治家、背広組、制服組が『いつも一緒にいたいね』というのが多くの人の共感を得るのではないか」と、省内の「ハーモニー」を重視する考えを示した。

 不祥事が相次ぐ防衛省は、世論の批判にさらされている。キャンディーズは解散の際に「普通の女の子に戻りたい」と語ったが、会見後、防衛相周辺は「普通の役所に戻りたい」とつぶやいた。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-04 12:06 | 政治  

<< <運航規定違反>ANA系列機長... 三菱重の新型ジェット、「脅威で... >>