山崎氏の対北外交に不快感

4月24日17時9分配信 産経新聞

 町村信孝官房長官は24日午前の記者会見で、自民党の山崎拓元副総裁が拉致問題解決に向けて北朝鮮との議員外交を展開する考えを示していることについて「いろいろな政治状況、外交状況によるが、議員外交が展開できる状況にはない」と不快感をにじませた。山崎氏は福田康夫首相の訪朝を今秋に実現し、日朝国交正常化に結びつけたい意向を表明している。これに対し、町村長官は「それは山崎氏に聞いてください」と述べるにとどめた。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-24 17:09 | 政治  

<< ネパール毛派政権誕生、王政廃止へ 自民党名古屋市議団の政調費返還... >>