国民全体の判断でない=町村官房長官-衆院山口2区補選

2008/04/27-23:00 時事通信

 町村信孝官房長官は27日夜、衆院山口2区補選で民主党が勝利したことについて、電話取材に対し「後期高齢者医療(長寿医療)制度をめぐる報道も一つの要素だったことは間違いない」と指摘した。一方で「国民全体の判断は山口2区の人に委ねる性質のものではない」と語った。

 また、町村長官は租税特別措置法改正案を30日に衆院で再可決する方針に関しては「何ら変わりはない」と述べた。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-27 23:00 | 政治  

<< 投票率69%、衆院補選では異例... ソウル聖火リレー 脱北者ら抗議... >>