政府・与党、「ガソリン」再可決へ結束=民主、補選勝利で攻勢

4月28日5時0分配信 時事通信

 福田康夫首相は28日午後、公明党の太田昭宏代表と会談し、ガソリン税(揮発油税など)の暫定税率を復活させる租税特別措置法改正案を30日に衆院で再可決することを確認する。政権に打撃となった衆院山口2区補欠選挙の敗北を踏まえ、政府・与党は結束して国会乗り切りを目指す。これに対し、大差で補選に勝利して勢いづく民主党は、再可決阻止に全力を挙げる方針だ。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-28 05:00 | 政治  

<< <チベット>ダライ・ラマと中国... 道路財源一般化、首相は閣議決定の方針 >>