道路財源一般化、首相は閣議決定の方針

4月28日3時11分配信 読売新聞

 福田首相は27日、道路特定財源を2009年度から一般財源化するとした自身の考えを、閣議決定する方針を固めた。

 時期は、10年間のガソリン税収を同財源に充てる道路整備費財源特例法改正案の衆院での再可決が可能になる5月12日以降、再可決を経てただちに行う案が有力となっている。28日に行う公明党の太田代表との党首会談で最終的に判断する。

 首相は27日午後、町村官房長官と首相公邸で会談し、道路特定財源を巡る今後の対応などを協議した。これに関連し、政府高官は同日、閣議決定について記者団に、「5月12日(以降の再可決)が終わってからの方がすっきりするとの見方もある」と語った。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-28 03:11 | 政治  

<< 政府・与党、「ガソリン」再可決... 「年金・医療を重視」平岡氏に、... >>