物価高のシンガポール、政府が150円で食事できる屋台を紹介

4月28日12時29分配信 ロイター

 [シンガポール 28日 ロイター] 食品価格が高騰する中、シンガポール政府は2シンガポールドル(約154円)で食事ができる屋台を紹介する広告を開始した。28日付の地元紙ストレーツ・タイムズが報じた。

 記事によると、政府の通商担当相が国民に「安くておいしい食事が食べられる場所」を伝えるウェブサイト(http://ekampong.com.sg/)を開設した。

 アジア各国は食品やエネルギー価格の上昇に直面しているが、シンガポールでは、先週発表された3月の消費者物価指数(CPI)上昇率が前年比6.7%と26年ぶりの高水準を記録した。
[PR]

by deracine69 | 2008-04-28 12:29 | 政治  

<< 「バイオガソリン」原料、新日石... 「長野聖火」の逮捕者「実像」 ... >>