国民新党・福田氏:自己破産を申請--参院選で負債

毎日新聞 2008年4月26日

 昨年7月の参院群馬選挙区に国民新党から出馬した福田晃治氏(43)が事務所費などを支払えなくなっている問題で、福田氏は25日、前橋地裁に自己破産を申請した。債務残高は約8500万円に上るという。同地裁は同日受理し、近く破産手続き開始を決定する。

 福田氏は同党参院県第1支部長。参院選では民主党の推薦も受けたが、自民党の山本一太氏に敗れた。国民新党事務局は「共に戦った同志が自己破産申請するという事態になったのはとても残念」とコメントした。

 福田氏の選挙での債務を巡っては、事務所用プレハブを貸した高崎市の設備会社が今年3月、党側に責任があるとして、同党を相手取り、約500万円の損害賠償を求める訴えを同地裁高崎支部に起こしている。【杉山順平】
[PR]

by deracine69 | 2008-04-26 23:59 | 政治  

<< インド携帯加入が世界2位 2億... 日本当局の対応を評価=「国境な... >>