「解散、総辞職せず」=森、青木氏と確認-福田首相

5月3日15時0分配信 時事通信

 衆院山口2区補欠選挙で自民党が敗北した4月27日夜、福田康夫首相が同党の森喜朗元首相、青木幹雄前参院議員会長と首相公邸で会談した際、「当面は衆院解散・総選挙や内閣総辞職はしない」ことを確認していたことが3日、明らかになった。

 これに関し、同党幹部は「(7月の)北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)までを指すものだ。その後のことは、内閣支持率も低迷しており、流動的だ」と指摘した。会談では内閣改造も話題になったという。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-03 15:00 | 政治  

<< 米牛肉に不安高潮=激しい政権批... 橋下知事、府職員の厚遇手当を削... >>