共産党、候補見送りの衝撃威力!自公落選40人リスト

5月4日10時0分配信 日刊ゲンダイ

 衆院山口2区補選の結果に、自民党議員が改めて真っ青になっている。共産党の「候補者擁立見送り」が、自民惨敗、民主圧勝の大きな要因だったことが明らかになってきたからだ。

「投票率が69%と前回05年の72%より低かったのに、民主党の平岡秀夫(54)は、得票を10万3700票から11万6300票へと1万2600票も伸ばした。もちろん、無党派層や自民党支持者が流れた可能性はあるが、上乗せ票は前回共産党が取った1万3400票とほぼ重なる。出口調査でも、共産党支持者の9割が平岡に投票したと答えています。共産党の候補者擁立見送りが、自民党にトドメを刺したのは確かでしょう」(地元関係者)

 共産党はこれまで300選挙区のほぼすべてに候補者を立ててきたが、次回からは140人程度しか擁立しない方針。共産党が擁立を見送る選挙区では、自民党議員の苦戦が予想されてきたが、山口2区補選がそれを証明した格好。

 それで自民党議員が震え上がっているのだ。

「共産党が小選挙区で候補者擁立を見送ったらどうなるか。自民党が大勝した郵政選挙でシミュレーションしても、自公と民主が逆転する選挙区が40もあります。伊吹文明、笹川尭、小坂憲次、冬柴鉄三……といった大物も敗北します」(政界関係者)

 しかも、北海道では鈴木宗男が率いる「新党大地」が、次期衆院選では民主党と選挙協力するとみられている。前回衆院選で43万票取った新党大地は、各選挙区に平均4万票ある。民主党と宗男がタッグを組んだら、町村信孝、中川昭一、武部勤もことごとく敗退することになる。

 威力を見せつけた共産党は、選挙区を選ばずに、この際300選挙区すべてで候補者擁立を見送った方がいい。

【危ない面々】
北海道3区・石崎 岳
宮城1区・土井 亨
群馬2区・笹川 尭
埼玉4区・早川 忠孝
埼玉7区・中野 清
埼玉15区・田中 良正
千葉2区・山中 あき子
神奈川6区・上田 勇
神奈川9区・山内 康一
東京6区・越智 隆雄
東京7区・松本 文明
東京19区・松本 洋平
東京20区・木原 誠二
東京21区・小川 友一
新潟2区・近藤 基彦
福井1区・稲田 朋美
長野1区・小坂 憲次
長野4区・後藤 茂之
岐阜3区・武藤 容冶
愛知5区・木村 隆秀
愛知6区・丹羽 秀樹
愛知7区・鈴木 淳司
愛知8区・伊藤 忠彦
滋賀1区・上野賢一郎
京都1区・伊吹 文明
京都4区・中川 泰宏
大阪2区・川条 志嘉
大阪5区・谷口 隆義
大阪7区・渡嘉敷奈緒美
大阪17区・岡下 信子
兵庫2区・赤羽 一嘉
兵庫3区・関 芳弘
兵庫6区・木挽 司
兵庫8区・冬柴 鉄三
兵庫11区・戸井田 徹
広島5区・寺田 稔
高知1区・福井 照
福岡9区・三原 朝彦
千葉7区と山口2区はその後補選が行われ、自民が落選
[PR]

by deracine69 | 2008-05-04 10:00 | 政治  

<< やはり篠山紀信に撮影してもらう... 食糧暴発 止まらぬ高騰、空腹に... >>