小沢氏元秘書が次期衆院選「先生に挑戦」

2008年5月10日16時49分 日刊スポーツ

 次期衆院選の岩手4区に自民党岩手県連が出馬要請していた小沢一郎民主党代表の元秘書、高橋嘉信元衆院議員(54)は10日、盛岡市内で自民党県連幹部らと会談し、出馬の意向を伝えた。岩手4区は小沢氏の選挙区。

 高橋氏は会談後、記者団に「小沢一郎先生に挑戦する」と宣言。「(小沢氏は)政策、政治手法、政治姿勢において間違っている」と述べた。

 高橋氏は、県連が新たに設置する、岩手1区の候補者選定などを行う、改革本部の本部長代行への就任要請も受諾。このため「候補者になろうとする者が他区の候補者擁立の働き掛けをするのは不遜(ふそん)を極める」として正式な出馬表明はこの日は見送り、1区の擁立のめどが付いた段階で行う考えを示した。

 高橋氏は小沢氏の秘書を約20年務め、2000年6月の衆院選で自由党の比例東北ブロックで初当選し、1期務めた。

 岩手4区では社民党が元県議の小原宣良氏(64)の擁立を決めている。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-10 16:49 | 政治  

<< 民主首脳と新党構想の「大物」議... 胡主席「友誼の舟」を寄贈 奈良訪問 >>