小沢代表の国替え論で波紋…太田・公明党代表の東京12区に

5月15日3時14分配信 読売新聞

 民主党の小沢代表が次期衆院選で、長年の地盤である岩手4区から東京12区に自らの選挙区を変更する構想が浮上し、波紋を広げている。

 石井一副代表が14日、党本部で小沢氏と会い、「国替え」を提案した。東京12区は公明党の太田代表の選挙地盤で、民主党の候補者は未定だ。党内には「支持者の気持ちを考えれば、国替えは現実的には困難」(幹部)との見方が強いが、“奇策”をちらつかせることで、公明党と同党の支持母体の創価学会をけん制する狙いもあるようだ。

 石井氏によると、小沢氏は会談の中で「東京12区から出馬したら、公明党が重視する来夏の東京都議選と重なることを避けるため、次期衆院選の時期が早まるかもしれない」と語り、選挙区を変える可能性に含みを持たせたという。

 小沢氏は3月1日の盛岡市での記者会見でも、自らの選挙区変更の可能性を聞かれ、「選挙になったら答える。今はそんな考えを持っていない」と意味深長な発言をしている。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-15 03:14 | 政治  

<< 【断 イタクラヨシコ】鬱陶しい... 調査捕鯨の鯨肉を持ち出し?乗組... >>