首相「無駄ゼロを」 道路関係閣僚会議が初会合

5月16日10時6分配信 産経新聞

 政府は16日、平成21年度から道路特定財源を一般財源化することを盛り込んだ基本方針を具体化に向け、関係閣僚会議の初会合を国会内で開いた。揮発油税などの課税根拠や財源の使途、税率の扱い、道路関連予算の無駄の排除-などを検討。6月下旬の経済財政運営の基本方針(骨太の方針2008)に一般財源化後の青写真を盛り込み、夏以降にスタートする税制改正論議で具体像を練り上げていく。

 会議には福田康夫首相をはじめ、冬柴鉄三国土交通相、町村信孝官房長官ら関係5閣僚が出席。首相は「国民の理解が得られる具体的成果を得られるよう検討を深めていく必要がある。無駄な予算の根絶はすべての改革の大前提であり、無駄ゼロに向けた見直しを敢行する必要がある」と述べ、作業を加速するように強く指示した。
 政府は月内にも設置される与党協議会と連携し、検討を進める。民主党などの野党にも協議への参加を引き続き呼びかけていく。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-16 10:06 | 政治  

<< 中国の人権状況を懸念 米国務... 桂銀淑「覚醒剤」で有罪確定さみ... >>