宮原美佐子さん民主推薦で市議も自民で衆院選出馬

2008年5月15日06時01分 スポーツ報知

 ソウル五輪女子マラソン出場で知られる宮原美佐子さん(45)が次期衆院選・愛知2区の自民党候補として内定したことが14日、明らかになった。党愛知県連は公募で候補者を選考中だが、現段階で宮原さん擁立の方向で進んでおり、近く地元関係者と最終調整の上、党本部に公認を申請する。

 宮原さんは埼玉県川口市生まれ。旭化成で宗猛氏の指導のもと当時の日本記録を樹立。1988年にはソウル五輪に出場し29位だった。引退後の05年、民主党推薦で川口市議補選に出馬し当選。07年の統一地方選では「勉強し直したい」として出馬しなかった。07年の参院選では自民党の丸川珠代氏を応援していた。

 愛知2区は名古屋市千種区などで、過去3回の衆院選で民主党の古川元久氏が当選した「民主王国」とされる地域。宮原さんは「公募を受験したのは事実」と話したが、選考については「合格の連絡どころか最終面接が残ってますので、詳細はまだ言えない」と話した。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-15 06:01 | 政治  

<< 北海道開発局OB、3人に1人天... 【断 イタクラヨシコ】鬱陶しい... >>