社会保障費抑制、政府方針「もう限界」 公明から相次ぐ

2008年05月18日19時30分 朝日新聞

 社会保障費を毎年度2200億円ずつ削減する政府の方針について、公明党議員から18日、相次いで見直しを求める声が上がった。高木陽介広報室長はテレビ朝日の番組で「基礎的財政収支を11年度までに黒字化するための聖域なき削減で削ってきたが、限界に来ている」、坂口力元厚生労働相もフジテレビの番組で「もう限界に来ている」と述べた。一方、自民党社会保障制度調査会の大村秀章医療委員長は同じ番組で「財政再建路線は放棄できない」として、政府方針を堅持すべきだとの考えを示した。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-18 19:30 | 政治  

<< 北島、ミズノ試作品の試着見送り... <四川大地震>北朝鮮が復興支援... >>