わいせつ「やってないが、高校生とは争わぬ」公判で町議

2008年05月23日08時21分 朝日新聞

f0013182_1521860.jpg 帰宅中の女子高生の体を触ったなどとして、強制わいせつの罪に問われた青森県六戸町犬落瀬、同町議山本実被告(52)の初公判が21日、青森地裁八戸支部(倉成章裁判官)であった。山本被告は起訴事実を認めたが、「私は今でもやっていないと思っています。高校生と争いたくないのです」と述べた。被告人質問でも大部分を「答えたくない」と回答を拒否した。裁判は即日結審し、検察側は懲役2年を求刑した。判決は28日。

 起訴状などによると、山本被告は3月4日夕、女子高生に声をかけて車の助手席に乗せ、十和田市内のパチンコ店駐車場に連れて行き、高校生のスカートに手を入れて太ももなどを触った、とされる。

 冒頭陳述で検察側は、山本被告が「車で送って行くよ。いいから乗りなよ」としつこく誘い、生徒は怖くなって車に乗ったとした。カギをかけた車内で、被告は「おれも離婚して寂しい」や「触るだけだからいいじゃない」などと話しかけ、抵抗する生徒の手を押さえつけ、犯行に及んだと指摘した。

 山本被告は罪状認否で「その通りです」と認めた。しかし、被告人質問では「スカートの中に手を入れて、太ももをさすったことはしていません。騒ぎを起こしたのは私ですので、未成年とは争いません」と述べた。

 検察側は「女性に対するゆがんだ見方があり、再犯の恐れがある」と断じた。これに対し、弁護側は「被害者は自由意思で車に乗った」と主張し、執行猶予を求めた。

 山本被告は町議の職にとどまっているが、今後については「考えておりません」と述べた。(波戸健一)


山本 実(やまもと みのる)
生年月日 昭和30年9月11日
当選回数 3回
所属委員会等 経済常任委員会
          厚生常任委員会
          上北地方教育・福祉事務組合議会議員
          広報委員会

Link:六戸町議会




女子生徒を誘拐、わいせつの町議を逮捕
2008年3月12日2時40分 日刊スポーツ

 青森県警十和田署は11日、女子生徒に対するわいせつ目的誘拐と強制わいせつの疑いで、同県六戸町議の山本実容疑者(52)を逮捕した。山本容疑者は「身に覚えがない」と否認しているという。

 調べでは、山本容疑者は4日午後5時半ごろ、同県南部の路上で、下校途中の女子生徒に自宅まで送ると声を掛け車に乗せて誘拐。付近のパチンコ店の駐車場で止めた車の中で体を触った疑い。

 女子生徒はパチンコ店近くで解放され、4日夜、十和田署に被害届を出した。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-23 08:21 | 政治  

<< サッカー界ますます迷走!? 川... 「除霊」とだまし女性10人に乱... >>