<衆院選>谷垣政調会長「人物本位がいい」

5月26日21時3分配信 毎日新聞

 自民党の谷垣禎一政調会長は26日の東京都内での講演で、衆院の選挙制度について「私は基本的には中選挙区論者だ。多様な民意を国会で一つにするには政策本位より人物本位の選挙がいい」と述べた。与党の政策責任者が政策本位を否定したかのような発言は波紋を広げそうだ。小選挙区制には「マニフェスト中心の選挙になり、イエスかノーかをはっきりさせて妥協できないので、ねじれが解消しにくい」と疑問を投げかけた。【三沢耕平】
[PR]

by deracine69 | 2008-05-26 21:03 | 政治  

<< 首相、サマータイムに前向き 「... インフルエンザワクチン、製造期... >>