「解散、来年の都議選後がいい」 自民・古賀氏

2008年05月26日19時28分 朝日新聞

 自民党の古賀誠選挙対策委員長は26日、党本部で開かれた東京都連大会であいさつし、衆院解散の時期について「都議選の後のほうがいいのではという思いがしている」と述べ、来年7月以降にすべきだという考えを示した。そのうえで「前哨戦の都議選で勝利し、厳しい党の環境を何とか切り開いて次の総選挙につないでほしい」と語った。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-26 19:28 | 政治  

<< ガソリンなど卸値、市場価格に連... 豪当局、カンガルー400頭を駆除 >>