自民党職員が企業献金を未納、個人で預かる 職員は辞職

5月27日12時50分配信 産経新聞

 自民党の伊吹文明幹事長は27日午前の記者会見で、党政務調査会の農林部門を担当する職員が、企業から寄付された現金を党の口座に入金せず、職員個人で預かっていた事実が判明したことを明らかにした。

 発覚後も企業側は党への寄付を希望したが、党は寄付の経緯が不透明なことから返還した。職員は辞表を提出し、受理された。党顧問弁護士は「被害者はいないので告発できない」と判断し、告発を見送った。関係者によると現金は数百万円とされる。伊吹氏は「党への寄付は預かるのではなく、必ず党に入れてもらわなければならない」と述べた。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-27 12:50 | 政治  

<< 聴取の男性が自殺=寺院境内の死... 半額以上の負担1億円超=道路1... >>