<公明・斉藤氏>自民・伊吹氏の「比例」廃止提案に猛反発

5月30日1時1分配信 毎日新聞

 公明党の斉藤鉄夫政調会長は29日放映されたBS11の「インサイドアウト」に出演し、自民党の伊吹文明幹事長が衆院比例代表制の廃止を提案したことについて、「公明党の選挙協力は要らないというのと同じ意味とも受け取れる。こちらから自公連立政権を離脱することはないが、自民党が必要ないというなら、それなりの対応を考えざるを得ない」と強く反発した。

 公明党の衆院議員は現在31人だが、そのうち23人は比例代表選出で占められている。

 伊吹氏は28日、自民党全国青年部長・青年局長合同会議で「役人に無駄をやめさせるには、政治家が身を切らなければならない。衆院議員は小選挙区の300議席でいい。比例はむしろやめた方がいい」と発言していた。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-30 01:01 | 政治  

<< 沖縄県議選30日告示 後期高齢... 高濃度メタミドホス検出=基準値... >>