サマータイム導入に現実味 来週にも提出、成立目指す

2008/05/29 20:43 共同通信

 夏季に時計の針を1時間進めるサマータイム制度の実現を目指す超党派の議員連盟は29日、国会内で総会を開き、2010年からの同制度実施を盛り込んだ導入法案の要綱を決定した。来週中にも法案を作成して国会に提出、今国会成立を目指す。

 福田康夫首相が制度に賛成を表明したことも影響し、議連メンバーはこの1週間で144人から250人に急増。与野党にはなお慎重論もあるが、制度導入がにわかに現実味を帯び始めた。

 議連世話人の川崎二郎元厚生労働相は会合後「賛成する議員をさらに増やしたい」と記者団に強調。各党への働き掛けを一層強める考えを示した。

 総会には、自民、民主、公明、国民新各党の約50人が出席。中曽根弘文元文相が(1)昼の時間を有効活用し省エネルギーと環境保全に寄与(2)10年3月から制度実施(3)政府は労働時間が増えないよう十分配慮-を柱とした法案要綱を説明した。
[PR]

by deracine69 | 2008-05-29 20:43 | 政治  

<< 日本の大型円借款に疑問の声 T... 温暖化:30年に国内被害額年間... >>