<国民新党>日銀審議委員人事巡り民主との統一会派解消方針

6月5日23時29分配信 毎日新聞

 国民新党の亀井久興幹事長は5日、民主党の鳩山由紀夫幹事長に電話し、国会同意人事で日銀審議委員への池尾和人慶応大教授の起用案を巡り、「池尾氏を不同意としなければ、参院での統一会派解消に踏み切る」との方針を伝えた。

 国民新党は池尾氏を「郵政民営化賛成論者」だとして不同意の方針を決め、民主党に対しても同調するよう求めていた。しかし民主党が同日、池尾氏同意を正式決定したため、幹部会で会派離脱方針を決めた。鳩山氏は亀井氏に対し「そういうことならやむを得ない」と応じたという。

 民主、国民新両党は07年10月に統一会派を結成した。現在参院の民主党会派は、民主109▽新緑風会6▽国民新4▽新党日本1--の計120人。国民新党の会派離脱により、116人となる。民主党が参院提出方針を決めた首相問責決議案については「会派解消となれば棄権だ」(幹部)としている。【小山由宇】
[PR]

by deracine69 | 2008-06-05 23:29 | 政治  

<< 支持率がデッドラインを割った―... 異端教団迫害が激化、ムスリム界... >>