テレビ番組ドタキャンをゆかり氏が電話で謝罪

2008年06月06日08時15分 スポーツ報知

 4日にBS11の番組を「食あたり」との説明でドタキャンした自民党の佐藤ゆかり衆院議員(46)=東京5区=が5日夜、番組サイドにおわびの電話を入れたことが分かった。関係者によると、ゆかり氏は「すみません、失礼致しました」「ご迷惑をおかけした」と繰り返していたという。

 番組では、収録できなかったゆかり氏の政策提言を改めて語ってもらうことで「責任を果たしてほしい」考え。ゆかり氏の「これに懲りずにお声をかけてください」の言葉に「確実にお呼びします」と返答したと言う。

 ゆかり氏は4日、政策ユニット「TPL」を結成した小池百合子、猪口邦子両衆院議員とトークを繰り広げるはずがドタキャンし、収録は2議員で行われた。
[PR]

by deracine69 | 2008-06-06 08:15 | 政治  

<< ロシア大統領、記者襲撃事件の調... タスポ「ご自由に」の自販機 各... >>