知人組員と利権漁り 逮捕の高槻市議、暴力団の威光利用

2008.6.6 13:40 MSN産経ニュース

 大阪府高槻市の違法マンションをめぐるあっせん収賄事件で、逮捕された同市議、段野啓三容疑者(66)が絡んだ土地取引の交渉に、知人の暴力団組員(42)が協力していたことが6日、わかった。府警捜査2課は段野容疑者が暴力団の「威光」を利用し、利権話に食い込んでいたとみて調べている。

 関係者によると、組員は山口組系暴力団に所属し、地元の生コン運搬会社の社長も務めていた。長年、段野容疑者の事務所に頻繁に出入りしていたという。

 土地取引などの“もうけ話”にも積極的に関与。贈賄容疑で社長が逮捕された不動産会社「リケン」が市土地開発公社の代替地を取得した際の取引のほか、段野容疑者らが同市内の土地を電子機器メーカーに高値で転売しようと画策した際にも協力していた。

 転売計画が始まったのは昨年1月。段野容疑者がこの土地で営業していたバイク店に押しかけ、経営する兄弟に「もう出ていかなあかんで。土地を売るんや」としつこく要求。兄弟が拒否すると、組員が訪れ、「段野先生に渡すから全員の名刺をくれ」と迫ったという。段野容疑者らは、兄弟から対応を一任された建設業者に注意を受け圧力を中止した。

 結局、取引に関与できないまま売却話がまとまったが、組員らは標的を建設業者に変更し、バイク店の解体工事を「300万円で請け負ったる」と要求。建設業者は「通常の3倍で高すぎる」として拒絶し続けた。昨年7月、この業者は乗用車のフロントガラスを割られる被害に遭い、府警に被害届を出した。

 組員は昨年11月、生コン関係の労働組合員に暴行したなどとして、傷害容疑などで府警に逮捕。その後、生コン運搬会社の代表取締役を辞任している。
[PR]

by deracine69 | 2008-06-06 13:40 | 社会  

<< 「銀で消臭・除菌」効果なし 小... 猫の餌付け注意され逆ギレ、殺人... >>