福田首相「食料自給率向は国家戦略」=米粉普及議連が発足-自民

2008/06/12-12:15 時事通信

 自民党の「米粉加工食品を普及推進する議員連盟」(会長・加藤紘一元幹事長)の設立総会が12日午前、福田康夫首相も出席して党本部で開かれ、コメの消費拡大による食料自給率向上のため、米粉で作ったパンやめんなど加工食品の普及に取り組む方針を決めた。

 あいさつした首相は「自給率を上げることは国家戦略上の課題だ」と強調。この後、米粉100%のパンやめんをほおばり、「かめばかむほどおいしくなる。金がかからず自給率が上がるいい方法だ」とPRに一役買った。

 議連は、料理研究家でもある藤野真紀子氏ら女性衆院議員を中心に設立。出席者からは「女子マラソンの野口みずき選手はおにぎりを食べて長距離を走る。われわれもコメを食べて長距離で政治活動をしたい」などの声が出た。
[PR]

by deracine69 | 2008-06-12 12:15 | 政治  

<< マダガスカル西海岸でイルカが謎... 簡易炉で「常温核融合」か 北大... >>