安倍、山崎のケンカの裏に“バカップル”あり!? 

6月26日10時0分配信 日刊ゲンダイ

 北朝鮮交渉をめぐって火花バチバチ、犬も食わないケンカを続けている安倍晋三前首相と山崎拓元副総裁。その原因のひとつが、丸川珠代夫婦にあることが分かった。

「永田町で『新バカップル』と呼ばれる丸川珠代参院議員、大塚拓衆院議員の夫婦が、20日、そろって清和会(町村派)に入会した。でも実は、山崎派に入会する予定だったのです。先日、山崎派に入会し、総裁候補なんて呼ばれている石原伸晃議員が、丸川・大塚議員と弟の宏高議員を山崎派に連れて行く約束をしていた。石原には都連会長として参院選で丸川議員を当選させた恩義がある。ところが、いつまでたっても丸川夫婦も宏高議員も入会しないから、山拓親分が怒ってしまったのです」(政界事情通)

 丸川議員が清和会を選んだのは、自分を参院選候補に選んでくれた安倍前首相の引き。それに最大派閥に所属した方が、選挙区が見つからない亭主の選挙対策に有利という計算だ。

 これで「派閥拡大」のジャマをされたと思った山拓親分はカチン。安倍を挑発する発言をして、2人の応酬が始まったという次第。永田町のバカップルの取り合いをめぐって、何ともレベルの低いののしり合いだ。
[PR]

by deracine69 | 2008-06-23 10:00 | 政治  

<< 「一言も言ってませんわ」阪神・... 未熟、心の砂漠、軽さ、教育…秋... >>