自民党 総選挙調査データ封印

6月24日10時0分配信 日刊ゲンダイ

●東京は1人を除いて全滅とも

 通常国会が閉会し、「夏休み」に突入した自民党議員が真っ青になっている。いま解散したらどうなるか、自民党が密かに世論調査をした結果、200議席割れの大惨敗になったという。

 自民党が調査をしたのは5月下旬。300小選挙区すべてではなく、50前後の選挙区に絞って実施したという。

 全選挙区を調査すると巨額のカネがかかってしまう。そこで有権者の動向が分かる、指標となるような選挙区をピックアップして調査。自民党が必ず勝つ選挙区や、絶対に勝てない選挙区は除いたという。

「その結果、実際に解散になったら190議席台(現有305)になるという試算が出たといいます。あまりにヒドイ調査結果だったため、封印され、詳細を知っているのは、福田総裁、古賀選対委員長、菅選対副委員長の3人だけだといいます。少しずつ情報が漏れ、党内に衝撃を与えてます」(関係者)

 調査対象は、25ある東京の選挙区の大半、さらに郵政造反組VS。刺客の間で候補者調整が決着していなかった選挙区など。

「東京の選挙区は、石原伸晃(8区)以外、全滅だったといいます。選挙に強い平沢勝栄(17区)も僅差で負けていた。東京は与謝野馨(1区)や小池百合子(10区)もいるのに……と都連関係者も驚いています。ただ東京の調査方法は、個人名を挙げず『自民と民主のどちらの候補に投票するか』という形で実施されたようです」(都連事情通)

 大物議員も次々に落選の危機だという。

 山崎拓(福岡2区)がダブルスコア、武部勤(北海道12区)も10ポイント近く差をつけられたという情報が飛び交っている。郵政造反組の野田聖子(岐阜1区)は、半年前までは圧勝していたが並ばれ、片山さつき(静岡7区)は無所属、民主候補につづく3位だったという。

 民主党は7月中に200選挙区にしぼって世論調査を実施する予定。その結果次第では、自民党内は大混乱になるのではないか。
[PR]

by deracine69 | 2008-06-24 10:00 | 政治  

<< 高村外相が解放された大学生に“... 「一言も言ってませんわ」阪神・... >>