「丸川」「大塚」を怪文書が直撃!

6月19日10時0分配信 日刊ゲンダイ

●出色の出来と評判

 国会が会期延長する中、ホテルオークラ東京で16日、丸川珠代参院議員(37)と大塚拓衆院議員(35)が挙式・披露宴を行う。やっぱり賛否両論あるようで、2人が所属する自民党東京都連関係者にある怪文書が送りつけられている。タイトルは「何が何でも御曹司。なりふりかまわず、ウエディングぅ~!」。ザ・ナックの名曲「マイ・シャローナ」にのせて「グー」を連発するお笑い芸人エド・はるみのネタのパロディーで、2人のスピード婚をおちょくった内容だ。

「都連メンバーの国会議員や都議ばかりでなく、一般党員や婦人部幹部にまで郵送されています。『♪ 丸ちゃん ホクロが チャーミングぅ~』で始まる歌詞が、A4サイズ1枚の紙にビッチリ書き込まれているのですが、ツボを押さえた出色の出来と話題なんです。かなり真実を突いた内容なんじゃないか」(都連関係者)

 確かに、練りに練った歌詞がズラリだ。「♪ カイロと靴屋で バッティングぅ~」「♪ 会ってすぐさま モーニングぅ~」。さらに、「♪ 丸ちゃん 本当は 水天宮(グぅ~)?」と妊娠をバクロ(?)したり、選挙区の決まらない大塚へ皮肉を込めた「♪ 珠代の秘書で ワーキングぅ~」というものまであり、手が込んでいる。ご丁寧にも、住民票の移し忘れで選挙権のなかった丸川が“棄権”した選挙一覧付き。

 晴れの船出はどうなることやら。
[PR]

by deracine69 | 2008-06-19 10:00 | 政治  

<< 毎日新聞英語版サイト 「変態ニ... 東芝 原発受注39基計画 >>