<洞爺湖サミット>50年まで温室ガス半減 G8宣言に盛る

7月8日16時26分配信 毎日新聞

 北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)は8日、焦点だった地球温暖化対策で、2050年までに温室効果ガス排出量を少なくとも半減させる長期目標について「世界全体の目標として採用することを求める」という認識で一致。「国連気候変動枠組条約(UNFCCC)のすべての締約国と共有し、UNFCCCの下の交渉で検討し、採択することを求める」と、首脳宣言に盛り込んだ。福田康夫首相は「G8(主要8カ国)の結束のもとに、途上国、新興国にも働きかけをしていく」と述べた。

 昨年のハイリゲンダムサミット(ドイツ)では、G8諸国で長期目標を真剣に検討するとの文言が盛り込まれたが、洞爺湖サミットでは長期目標が必要であるとの意思を示し、参加首脳から「長期目標の合意をG8として明確にとりまとめた。大きな成果」と評価する声もあったという。【柴沼 均】
[PR]

by deracine69 | 2008-07-08 16:26 | 政治  

<< 倒産件数、3年連続増加=負債も... 小沢氏の無投票3選を支持=民主... >>