姫路市議の自宅捜索=ラブホテル経営と関連か-兵庫県警

7月10日10時49分配信 時事通信

 兵庫県明石市にあるホテルが旅館としての許可を取りながら、実際はラブホテルとして営業していたとして、県警生活環境課などは10日、風営法違反(禁止地域営業)の疑いで、姫路市内にある松岡広幸姫路市議(41)宅と、同市議が代表取締役となっている不動産会社を家宅捜索した。

 同課は、松岡市議がホテルの運営会社の偽装や経営にかかわった可能性もあるとみて、資料を押収し、調べを進める。
[PR]

by deracine69 | 2008-07-10 10:49 | 政治  

<< 自民小選挙区「公認争い」過熱 ... ライブドアが23億円の申告漏れ... >>