安倍前首相、拉致被害者めぐる加藤氏の発言批判

2008年7月17日21時19分 朝日新聞

 安倍前首相は17日、埼玉県戸田市での講演で、自民党の加藤紘一元幹事長が北朝鮮による拉致被害者5人を「返した方がよかった」と発言したことについて「大きな考え違いをしている。拉致をした所に『戻りなさい』と約束したら、日本の責任放棄だ。約束を裏切ったというのは、北朝鮮の主張そのものだ」と批判した。加藤氏は7日のBS11の番組で、司会者から「返した方がよかったか」と問われ「当然だ。国家と国家の約束だから」と答えていた。
[PR]

by deracine69 | 2008-07-17 21:19 | 政治  

<< 生協の「ハーフカシミヤ」に排除... 牛114頭分、産地誤表示=JA... >>