世耕議員、県選管に虚偽書類=選挙カーの公費負担-和歌山

2008/07/19-13:10 時事通信

 自民党の世耕弘成参院議員(和歌山選挙区)が2007年7月の参院選で、公選法で1台分のみ公費負担が認められている選挙カー代について、実際に借りた2台分の料金を1台分として記載した虚偽書類を県選管に提出していたことが19日、分かった。

 世耕議員は選挙期間中、1台目を13万8615円、2台目を12万1485円でレンタカー会社と契約。県選管には1台を公費負担の上限額である26万100円で契約したとする虚偽の証明書を提出した。

【安倍無能政権の仮面を剥ぐ】 世耕弘成(44歳・参院和歌山)
[PR]

by deracine69 | 2008-07-19 13:10 | 政治  

<< <郵政論議>自民、今秋にも本格... 中国、相次ぐ「民衆の乱」 胡政... >>