昆明バス爆破 町村氏、五輪への影響懸念

 7月22日11時34分配信 産経新聞

 町村信孝官房長官は22日午前の記者会見で、中国雲南省の昆明市で発生した路線バス爆破事件について「この1、2カ月、中国の民衆の不満が警察署や公安に向かう事件が起きている。北京五輪の円滑な開催の支障にならなければいいなと懸念している」と述べた。

 また、爆破事件などが頻発する背景について「日本も経験したが、急速に高度成長を遂げているひずみを克服することが中国社会にとっても重要なテーマであろう」と指摘した。
[PR]

by deracine69 | 2008-07-22 11:34 | 政治  

<< 米地検、日系大尉を訴追 日本... <中国バス爆破>「五輪前テロに... >>