「森詣で」自民幹部ら続々

7月26日8時1分配信 産経新聞

 内閣改造をめぐり与党内の綱引きが活発化する中、政府・自民党幹部がスペイン出張から帰国した森喜朗元首相のもとを訪問する“森詣で”が続いている。福田康夫首相の指南役とされる森氏から改造の感触を引き出すのが狙いとみられるが、森氏は改造の時期や規模について言質を与えなかった。自民党の伊吹文明幹事長が24日、町村信孝官房長官、伊吹派事務総長の河村建夫元文部科学相が25日に個別に面会。森氏は首相に内閣改造を促しており、河村氏との会談では「伊吹派の入閣待機組は誰か」と質問し、改造の可能性を示唆したという。
[PR]

by deracine69 | 2008-07-26 08:01 | 政治  

<< 名古屋「正論」懇話会、今秋発足... 白ネズミ大群出現、個人が放した... >>