福田首相、森氏と密談か=改造めぐり憶測広がる

7月27日0時44分配信 時事通信

 福田康夫首相が内閣改造に踏み切るかどうかが政局の焦点となる中で、26日夕、黒塗りの乗用車が首相公邸に滑り込んだ。車に乗っていた人物は確認できなかったが、森喜朗元首相が福田首相と会い、改造や臨時国会の召集時期をめぐって意見交換したのではないかとの憶測が広がった。

 乗用車は午後5時半ごろ、首相が休日を過ごす公邸に入り、約2時間半後、別の出入り口から出て行った。その際、森氏と風貌(ふうぼう)が似た人物が車に乗り込むのが関係者に目撃されている。

 首相サイドは「(来客は)何も把握していない」(秘書官)としているが、森氏は週末になったら公邸で首相と会いたいとの意向を自民党幹部に漏らしていた。

 当の森氏は車が出てから約1時間後、家族と一緒に都内の宿舎に帰宅。孫娘に顔を向けて「官邸の食事はおいしかったと言ってやりなさい」と軽口を飛ばし、記者団をけむに巻いていた。
[PR]

by deracine69 | 2008-07-27 00:44 | 政治  

<< 与党人民党、圧勝へ=カンボジア... 築地移転、豊洲の汚染土壌入れ替... >>