竹島 韓国領に再変更 「過度に反応せず」 町村長官が言明

7月31日15時54分配信 産経新聞

 米政府機関の地名委員会が竹島(韓国名・独島)の帰属先を再び「韓国」に戻したことについて、町村信孝官房長官は31日午前の記者会見で日本政府としては特別のアクションを起こす考えはなく、米国の新たな判断に期待する考えを示した。

 町村長官は「米政府の一機関がやることに、あまり過度に反応することはない」と言明。同時に「(米政府の)結論ではない」とした上で「(竹島問題の帰属先について)米政府は中立的な立場を強調している。今回は米国の立場の変更を意味するものとは受け止めていない」と述べた。

 また「(米側は)改めて全体を精査すると(言っている)。精査する過程でとりあえず『中間的』な表記に戻したということなので(今後)どのような表現になるか、またいずれ出てくるのだろう」との見通しを語った。


竹島帰属「過度に反応せず」=町村官房長官
7月31日12時33分配信 時事通信

 町村信孝官房長官は31日午前の記者会見で、米政府機関の地名委員会が竹島(韓国名・独島)の帰属先を「韓国」に戻したことについて「米政府の一機関がやることに過度に反応しない」と述べ、冷静に対応する考えを示した。
[PR]

by deracine69 | 2008-07-31 15:54 | 政治  

<< 佐川系貨物航空、9月末で運休へ 大阪・寝屋川で謎の健康被害 廃... >>