構造改革、原則は揺るがず=「小泉路線」との決別否定-伊吹財務相

8月3日15時4分配信 時事通信

 伊吹文明財務相は3日、NHKの討論番組に出演し、小泉純一郎元首相が進めた構造改革について、「自由競争、市場原理を重視して、社会システムを動かすということだった。その原則は揺るがない」と述べ、改革路線の基本部分は福田改造内閣にも引き継がれるとの考えを示した。

 小泉構造改革の象徴である郵政民営化に反対した野田聖子消費者行政担当相の再入閣などを踏まえ、今回の内閣改造は「小泉路線からの決別」だとの見方を否定した形。ただ財務相は「小泉改革は必要な手術だったが、後遺症も出ている」と指摘し、社会保障や地域再生などの分野で国民に安心感を与える政策の必要性を強調した。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-03 15:04 | 政治  

<< 元ボクシング王者、包丁突き付け... 「燃料無策」と自民支持する団体... >>