自民・麻生幹事長の「ナチス」発言、民主党が強く反発

2008年8月4日23時32分 読売新聞

 自民党の麻生幹事長は4日、就任のあいさつ回りで江田参院議長と会談した際、ナチスドイツを引き合いに民主党をけん制した。

 同党は強く反発している。

 国会内で江田氏と会談した麻生氏は「民主党も政権を取るつもりがあるのか。しっかりしてもらわないと(いけない)」と同党を批判した上で、「ナチスドイツも『1回(政権運営を)やらせろ』と言ってああなったこともある」と述べた。

 これに対し、民主党出身の江田氏は「言葉を返すが、民主党ではなく、国民が(自民党、民主党の)どっちを見ているかだ」と反論した。鳩山民主党幹事長も4日夜、都内で記者団に、「民主党が暴虐極まりない政治を行うかのような印象を与えかねない発言だ。例えとしても許される話ではない。撤回を求める」と不快感をあらわにした。

 麻生氏は4日夜、記者団に「(野党が多数の)参院で審議をしないとどうなるか。(ドイツが)昔、『(政権運営をナチスに)やらせてみたらどうか』といった結果どうなったか、という歴史があるので審議をするのが大事だという話をした」と釈明した。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-04 23:32 | 政治  

<< <社民党>阿部政審会長、政府の... <森元首相>鈴木宗男氏と意見交換 >>