創価学会「矢野問題」、臨時国会で追及へ…亀井静香氏

2008年8月5日03時11分 読売新聞

 国民新党の亀井静香代表代行は4日、読売新聞のインタビューに応じ、矢野絢也・元公明党委員長が政治評論家活動中止の強要などの人権侵害を創価学会から受けたとして提訴した問題について、「当然、臨時国会で取り上げざるを得ない。言論封殺の指摘があった以上、民主主義の観点から事情を聞く必要がある」と述べ、臨時国会で矢野氏の参考人招致などを求める考えを示した。

 亀井氏は衆院解散・総選挙の時期については、早期解散の可能性を指摘した。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-05 03:11 | 政治  

<< 廃棄物また見つかる、対策工事で... 中国 事前に「テロ情報」 警備... >>