改造内閣は「安心実現内閣」、政策実現を優先・早期解散は否定=首相

8月2日8時12分配信 ロイター

f0013182_22971.jpg [東京 1日 ロイター] 福田康夫首相は1日夜、内閣改造後に記者会見し、政策を実現するための布陣を敷いたとし、改造内閣を「安心実現内閣」と位置づけた。衆院解散・総選挙の時期については「解散を論ずるより、今は政策を実行する社会・経済状況」とし、「いま直ちに解散を考えているわけではない」と述べ、与党内にくすぶる年末・年始解散論を退けた。

 直面する課題について福田首相は、原油高に伴う物価高と本格的な少子高齢化時代の到来を挙げ、「日本が直面しているこのような2つの大きな構造変化をどのようして乗り越えていくかが現下の大きな課題」とし、「新内閣は一丸となって物価高と景気低迷という国民経済が直面する困難を解決していく」との決意を示した。 

 改造では、こうした政策課題を実現するための布陣を敷いたとし、内閣改造の狙いについて「政策を確実に実現し、安心を勝ち得る意味で『安心実現内閣』だ」と語った。

 閣内には与謝野馨経済財政担当相や伊吹文明財務相など消費税増税に理解を示すメンバーが目立つ。消費税増税に向けた環境整備の狙いがあるのかとの質問には「消費税(増税)なしで財政再建はとても考えられない。国民が安心できる社会保障制度も成り立たないと思っている。ただし、それをいつ実現するのか、いつ実行するかはさまざまな意見がある。(与謝野氏らも)今すぐそれをやろうと言っているとも思えない」と説明。消費税の扱いについては「しっかり議論し、消費税をこれからどのように扱っていくか、きちんと道筋を立てていくことが大事だ」とした。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-02 08:12 | 政治  

<< 米ボーイング バイスプレジデン... 東京の通話料、3割低下 >>