邦人記者2人への暴行、事実であれば厳重に抗議 町村長官

8月5日12時39分配信 産経新聞

 町村信孝官房長官は5日午前の記者会見で、中国の新疆ウイグル自治区で警官隊襲撃事件を取材中の日本人記者とカメラマンの計2人が地元の武装警察に拘束、暴行を受けたことについて「関係当局への情報収集に努め、事実であれば中国側に強く抗議する。事実であることは間違いないと思っている」と述べた。

 また、在京の中国大使館を通じ中国外交部に対し事実関係の確認を求めているものの、「現時点で中国政府からの回答はない」と説明した。

 福田康夫首相が8日の胡錦濤国家主席との首脳会談で抗議するかどうかについては「事実関係を把握しなければいけない。そこまで方針が決まっているわけではない」と述べるにとどめた。
[PR]

by deracine69 | 2008-08-05 12:39 | 政治  

<< <保岡法相>靖国神社参拝を表明 豊後大野市 市役所職員が売春風... >>